情報を集める時は

教育に従事するということは、社会の未来に貢献することになります。
子供の教育や、高等教育、大人や年配者の学ぶ場など、一口に教育といっても様々な現場があります。
教えることを仕事にしたい人は、まずはその対象を定めて、適切な資格を取得する必要があります。
小学校、中学校、高等学校の教員になりたいのであれば教員免状が必要ですし、大学で教えたいのであれば適切な博士号が必要なことが多いです。
また、学習塾や専門学校、その他カルチャー教室などで教えたい場合は、資格は不要な場合もありますが、深い専門知識と経験が問われます。
いずれにしても、自分が教えたい内容と場所を見極め、資格や専門知識の取得に励むことが、教育関連の就職への第一歩となります。

どのような場所を選ぶとしても、先生と呼ばれる立場に立つのであれば、責任感と自己管理をきちんとする必要があります。
相手が子供であろうが、自分より年配者であろうが、お客さんであろうが、人にものを教える場合は、相手の立場に立ってわかりやすく、そして相手の将来に役立つよう、ひいては社会の未来に貢献できるように、責任感をもって教育に取り組む必要があります。
社会のマナーを守らなかったり、自己中心的な行動をとることは、たとえ職場を離れた場所であっても厳禁であり、また、生徒とよい人間関係を築ける人間性も問われる職業です。
また、人に教える立場にいるものとして、常に自分の知識を伸ばし、自己啓発に励むことも大切です。